各部会(考古・古代・中世・近世・近代)・大会・委員会情報

各部会からの情報(例会・お知らせなど)

 各部会で行われる例会の情報を掲載しています。【各会場をクリックするとアクセス方法が出ます】

     考古部会

■2019年11月例会

  • 2019年11月22日(金)19:00~
  • 森岡秀人氏「日本考古学史見聞(1)原田大六の人物像と「平原弥生古墳」」」
  • 報告者コメント
    1973年の秋、卒論を控えた4回生の私は、大学・研究機関のみならず、大学生・院生嫌いの原田大六の家に泊まり、個人費用で鋭意修復中の平原遺跡の銅鏡を見ることができました。前代未聞の恐怖の10時間でした。糸島中学校を最終学歴とした、昭和40年代に「喧嘩大六」と呼ばれた考古学者の人生観を回顧します。学史の体感を引き継ぐ心構えでお聞きくださると幸甚です。なお、著名な考古学者も50年前の姿で登場する秘蔵フィルムDVD化を上映します。
  • 阿倍野市民学習センター(あべのベルタ3階) 第4会議室
    (地下鉄御堂筋線・天王寺駅より徒歩8分/JR天王寺駅より徒歩8分)

■2019年12月例会「煉瓦研究の東西」

  • 日時:2019年11月30日(土)・12月1日(日)
  • 場所:近江八幡市社会福祉法人一善会(旧中川煉瓦製造所)
  • 第1日目(見学会)
    12:30 近江八幡市 旧中川煉瓦製造所
     集合/受付 社会福祉法人一善会「赤煉瓦の郷」
     住所:〒523-0084 滋賀県近江八幡市船木町59番地3
    13:00~13:15[地域交流ルーム]
     企画者挨拶
     ・斉藤 進(煉瓦研究ネットワーク 代表)
     ・北山峰生(大阪歴史学会考古部会)
     ・施設当主挨拶:中川宗孟(社会福祉法人一善会会長)
    13:15~14:50 ホフマン窯等煉瓦関連施設見学
    15:00~15:30 上垣幸徳『 滋賀県の煉瓦生産の素描-中川煉瓦と江州煉瓦を中心に-』
    15:40~16:40 出席者自己紹介(所属等)/関東・関西の煉瓦見学
    16:45 解散
    18:30 懇親会(近江八幡駅周辺)
  • 第2日目(情報交換会)
    9:00 受付開始
    9:30~10:05 ①坂上克弘(横浜市ふるさと財団)『関東の煉瓦製作技術』
    10:05~10:40 ②天野賢一(かながわ考古学財団)『横浜外国人居留地の煉瓦』
    10:40~10:50 休憩
    10:50~11:25 ③高橋秀之/大石絵里子(日野市教育委員会)『東京多摩地域における煉瓦構造物について-日野煉瓦から考える歴史的意義-』
    11:25~12:00 ④市村慎太郎(公財大阪府文化財センター)『旧大阪府庁の煉瓦』
    12:00~13:00 昼食
    13:00~13:50 特別講演
    藤原 学(元大阪学院大学国際学部教授)『官営京都大阪間鉄道の煉瓦構造物調査』
    13:50~14:00 休憩
    14:00~14:35 ⑤山岡邦章(岸和田市教育委員会)『薩摩集成館の煉瓦をめぐって』
    14:35~15:10 ⑥北山峰生(奈良県立橿原考古学研究所)『関西における煉瓦の流通』
    15:15~16:00 意見交換会
    16:00~16:10 閉会
  • 当日は資料代として1,000円を申し受けます。1日のみの参加も可能です。
  • 会場付近は昼食をとる場所が限られていますので、ご注意下さい。
  • 宿泊は、近江八幡駅周辺で確保をお願いします。
  • 共催:煉瓦研究ネットワーク、大阪歴史学会考古部会
    協力:社会福祉法人一善会「赤煉瓦の郷」
  • 連絡先:〒634-0025 奈良県橿原市木之本町94−1
    道上祥武方気付 大阪歴史学会考古部会
    daireki_kouko□yahoo.co.jp(□を@に)

 □考古部会のおしらせ

運営委員 吉田知史・山田暁・道上祥武
連絡/報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ daireki_kouko□yahoo.co.jp (吉田知史) ※□を@に換えてください。

     古代史部会[続日本紀研究会]

■2019年11月例会(卒業論文報告)

  • 2019年11月22日(金)18:30~21:00
  • 稲谷和紀氏「『万葉集』中における藤原氏の和歌について」
  • 参考文献
    岸俊雄『藤原仲麻呂』(吉川弘文館、1969年)
    木本好信『藤原仲麻呂』(ミネルヴァ書房、2011年)
  • 松本満里奈氏「平安中期における典侍の職掌への一考察」
  • 参考文献
    加納重文「典侍」(『平安文学の環境:後宮・俗信・地理』、和泉書院、2008年、初出1979年)
  • アウィーナ大阪
    (近鉄上本町/地下鉄谷町九丁目)

 □古代史部会のおしらせ

運営委員 安東峻・岡田康佑
連絡/例会報告・『日本後紀』輪読希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ daireki_syokunihongi□yahoo.co.jp ※□を@に換えてください。
会誌『續日本紀研究』の購読・購入に関するお問い合わせは下記までお願いします(大阪歴史学会への入会(『ヒストリア』講読)や古代史部会例会関係と異なります)。
 ⇒ shokkikenkyu□gmail.com ※□を@に換えてください。

     中世史部会

■2019年11月例会(卒論報告会)

  • 2019年11月17日(日)18:30~21:00
  • 報告①高井佑人氏「多武峯木像破裂についての一考察」
  • 参考文献
    ・黒田智『大織冠像の破裂と肖像--中世における肖像と「名付け」』(『年報中世史研究』23、1998)
    ・西山克「中世王権と鳴動」(今谷明編『王権と神祇』思文閣出版、2002)
  • 報告②岩井亮輔氏「永享六年明使接見儀礼に関する一考察‐満済の立場・役割を中心に‐」
  • 参考文献
    ・小野奈緒子「室町期の日明外交に関する一考察‐永享六年「明使対面之儀」に見る日本国王‐」(『神戸大学史学年報』25、2010)
  • クレオ大阪中央 研修室2
    (地下鉄谷町線「四天王寺夕陽ヶ丘」駅1・2番出口から北東へ徒歩約3分)

 □中世史部会のおしらせ

運営委員 永野弘明・田村亨
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ daireki_chuusei□yahoo.co.jp ※□を@に換えてください。
今年度の部会費(ハガキ会員1000円・メール会員500円)をまだご納入いただいていない方は、下記口座までお振込みください。
  郵便振替口座 00910-3-184600 大阪歴史学会中世史部会

     近世史部会

■2019年11月例会

  • 2019年11月29日(金)18:30~
  • 小野公三氏「天明期の大凶作と白河藩政治」
  • 【参考文献】
    ・難波信雄「天明の飢饉と幕藩体制の諸矛盾」(『歴史公論』第二巻、第8号、1976-8)
    ・深谷克己「第三章 取立と御救い─年貢・諸役と夫食・種貸」『民間社会と百姓成立』(校倉書房、2009)
  • 淀川区民センター 第5会議室
    (阪急「十三」駅下車、徒歩7分)

■フィールドワーク「伊丹郷町を歩く」

  • 伊丹郷町は、戦国期に有岡城の城下町として発展し始めたのち、近世には一大江戸積み酒造地として栄えます。町は惣宿老によって運営され、寛文元年(1661)以降、五摂家筆頭の近衛家の支配を受けるという特徴をもっていました。今回は、有岡城跡に残された石垣や、年代が判明し現存する酒蔵としては最古の旧岡田家住宅、酒蔵跡地などを見学し、酒造業によって大きな経済的・文化的発展を遂げた伊丹郷町の様相を考えてみたいと思います。
  • 2019年11月2日(土)13:15集合 16:00終了予定
  • 集合:阪急新伊丹駅改札前(阪急伊丹線)
  • ご案内:加藤明恵氏
  • 巡見概要(予定)
    ①伊丹郷町の南端から有岡城跡へ
    ②有岡城跡
    ③小西酒造萬歳蔵(外からの見学のみ)
    ④三軒寺広場を通って台地を確認
    ⑤猪名野神社
    ⑥旧岡田家住宅
    ⑦旧石橋家住宅
    ⑧小西酒造長寿蔵あたりで解散
     (最寄 阪急伊丹駅徒歩7分、JR伊丹駅徒歩8分)
  • 備考
    ・当日は小雨決行ですが、大雨・暴風などによる警報発令時は中止にいたします。
    ・参加希望の方は10月30日(水)までに下記のメールアドレスにご連絡をお願いします(当日の参加も可能です)。多数のご参加をお待ちしております。
    ・終了後、周辺にて懇親会を行います。

 □近世史部会のおしらせ

運営委員 糸川 風太・石橋 知之
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ kinnsei.daireki□gmail.com(糸川風太) ※□を@に換えてください。
今年度の部会費800円をまだご納入いただいていない方は、下記口座までお振り込み下さい。
  郵便振替口座 00940‐3‐150953 大阪歴史学会近世史部会

     近代史部会

■2019年11月例会

  • 2019年11月29日(金)18:30~
  • 劉天羽氏「近代日本の「国防」概念の変容―陸軍と「国民」を手掛かりに—」
  • 【参考文献】
    ・鈴木貞美・劉建輝編『東アジアにおける近代諸概念の成立』(国際日本文化研究センター、2012年)
    ・黒沢文貴『大戦間期の日本陸軍』(みすず書房、2000年)
    ・Iain Hampsher-Monk, Karin Tilmans, Frank van Vree,History of Concepts:Comparative Perspectives(Amsterdam University Press,1998)
  • 淀川区民センター 第3会議室
    (阪急「十三」駅下車、徒歩7分)

 □近代史部会のおしらせ

運営委員 津熊友輔・出水清之助・望月みわ
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ tu-3m-0079□outlook.com(望月みわ) ※□を@に換えてください。
今年度の部会費1000円をまだご納入いただいていない方は、下記口座までお振込みください。
  郵便振替口座 00940-1-159776 大阪歴史学会近世史部会

【部会員の皆さまへのお知らせ】
11月末頃より12月3,4日頃まで、部会費口座に問題が発生し、入金の通知が部会担当まで届かない事態となっておりました。現在は復旧され、部会費のご納入は問題なく行えるようなっております。当該期間にご納入を行われた方がおられましたら、お手数ですが部会担当までお知らせください。なお、本件につきましては部会員の方から問題発生のご報告をいただき、早急に対応することができました。あらためて御礼申し上げます。

     大会・総会情報

■2019年度大阪歴史学会大会・総会

サンプル画像

  • 日時:2019年6月30日(日)
  • 会場:関西大学千里山キャンパス第1学舎1号館
    阪急電鉄千里線関大前駅下車徒歩15分

□大会・総会プログラム

考古部会
502教室
〇13:30~14:30【部会報告】
 木村理恵「甕からみた商業生産の萌芽」
〇14:30~15:30【部会報告】
 森 暢郎「古代前半期土師器生産の変質過程」
〇15:50~16:50
 ミニシンポジウム
古代史部会
503教室
〇13:30~15:50【部会報告】
 山下憲太郎「八世紀における律令官司の機能と変遷―図書寮を事例に―」
 コメント:鷺森浩幸
中世史部会
601教室
〇13:30~15:00【部会報告】
 曽我部愛「鎌倉期王家の構造と変容」
〇15:20~16:50【部会報告】
 中井裕子「鎌倉後期の叙位・除目と公家政権 」
近世史部会
602教室
○10:30~12:00【個人報告】
 市川 創・仁木 宏・森 毅「豊臣期大坂城本丸の復元について―サウンディング調査の成果から―」
〇13:30~15:00【部会報告】
 尾﨑真理「近世中後期における幕府の代官配置原則 」
 コメント:久留島浩
近代史部会
603教室
〇13:30~15:00【部会報告】
 吉田武弘「貴衆両院関係の出発―議会制度導入過程における二院制論の展開― 」
〇15:20~16:50【部会報告】
 吉原大志「トーキー移行期の映画館と社会―一九三二年神戸のトーキー反対争議から―」

     委員会情報

■2019年7月~2020年6月の全体委員会日程

サンプル画像

  日時  会場
 2019年7月委員会  7月29日(18:30)  大阪市立大学梅田サテライト
 セミナー室
(大阪駅前第2ビル6階)     
 9月委員会
  (部会運営委委員との合同会議)
 9月25日(18:00)
 10月委員会 10月21日(18:30)
 11月委員会 11月25日(18:30)
 12月委員会 12月16日(18:30)
 2020年1月委員会 1月27日(18:30)
 2月委員会
(部会運営委員との合同会議) 
2月17日(18:00)
 3月委員会 3月30日(18:30)
 4月委員会 4月27日(18:30)
 5月委員会 5月18日(18:30)
 6月委員会 6月8日(18:30)
 6月臨時委員会 6月20日(未定)  場所未定